源出雲は日田
 大阪教育大学名誉教授ー鳥越健三郎教授は「出雲風土記には、大巳貴神が国を譲るかどうかを子供の事代主神に相談している、そして事代主神が自分で判断しているそんな権力を持った事代主神が風土記には書かれていない。この出雲は舞台にして借りたものである本舞台は何処かの場所にあるはずだ」

 日田が出雲だって、笑わせるじゃないか。とほとんどの方が思うでしょうね。出雲と言えば大国主神でしょう、その大国主神と結びつきが強い素戔嗚尊(鉄王)。その象徴は金銀錯嵌珠龍文鉄鏡であり、神話では筑紫の日向で天照大神と生まれている。神話は九州生まれと断言しているのだ。神話は半分が嘘というからあてにはならないが・・・・。
 私見では、日田でヤマトから素戔嗚尊は暗殺されたか、暗殺されそうになり出雲に逃亡して出雲で身を投げたと推察している。出雲の国譲りは日田と出雲の王から政権を投げ出した様を神話にえがいている。大国主神の別名、大穴持命は盆地の神を意味していて大穴持命は日田での物語を暗示している。


纒向遺跡と同時に発展した日田の小迫辻原遺跡。実は、この遺跡、東海・丹後・畿内・四国・山陰・北部九州の土器と纒向よりも広範囲に集まってい可能性を秘めており、もっと発掘が進めば纒向と同じくらいの貴重な遺跡に違いないのである。
 
ヤマトからみれば、ただの出城なのかもしれないが、もし日本書紀の神功皇后と武内宿禰がこの出城の首長だったら古代史の歴史は大きく変わるそこに出雲神話と日向神話として日田を置き換えていたら。出雲の意味は大物主神の出雲神のいる三輪山の大和盆地の底霧の意味。そして日田も出雲神が進出した日田盆地の出雲である。日田と三輪山が紐解く出雲神なのである。
 
 おそらく日向も同じで本当の舞台は北部九州の日向に違いない古事記の中に九州は4つの面があり、筑紫(白日別)・ 豊(豊日別)・ 肥(建日向日豊久士比泥別)・ 熊曾(建日別)。この中に肥の中に日向国が含まれるという説がある。
 
『古事記』の出雲国造り祖岐比佐都美(キヒサツミ)ト称ス(別名)来日田維穂命(キヒタイホノミコト)と『豊後国風土記』の日田古代の神として登場する久津媛(比佐津媛・ひさつひめ)。この二人同じ人物では神功皇后ではなかったか。また景行天皇が浮羽から日向へ移動する記述は飛行機でいきなり飛んで行ったかの様な記述は本当は、浮羽から日田(日向)に来たと仮説できないだろうか。『豊後国風土記』では浮羽から日田に景行天皇が凱旋したという記述は日田が日向という実証ではないか。こうして日田には出雲神話と日向神話がクロスしている事を悟らないと古代史の謎は見えてこない。
inserted by FC2 system