日田地名の起こりと『豊後国風土記』の久津媛
 『豊後国風土記』では、景行天皇が日田に凱旋したとき、久(ひさ)津(つ)媛という神が人となり現れて、景行天皇をお迎えしている。久津媛が訛り日田となったと記述されている。ちなみに『豊後国風土記』には大分でなく日田が始めに登場する。

 日田の地名の起こりは所説あるが、『豊後国風土記』に書かれている久津媛ではなかったかと思っています。景行天皇に久津媛が神であると記述されている意味は景行天皇以前の女王だったという事であり、天照大神や卑弥呼などとつながる可能性は否定できない。また「ひさ」が訛り「ひた」だったわけで 日は太陽で佐は補佐する意味があり、日巫女であるのは間違いないだろう。景行天皇が日田に凱旋という記述も日田とヤマトの絆を意味するものだと思う。海の宇佐であり太陽の日佐が『記紀』神話の謎解きなのだ。
 怪しい事だが日田という字には口の中に−と+の陰陽が封じ込められている可能性がり、男と女の意味するものではなかいか。また奈良の橿原考古学研究所は、新聞で「田」という文字は日本最古の記号であり、巫女や聖なる意味があると発表しているのだ。日田という単純な文字にはもの凄い暗示が含められているのだ。これが伊勢神宮や出雲大社や宇佐神宮の謎と実はつながっている。
inserted by FC2 system