『魏志』倭人伝

『魏志』の行程も奴国まではほぼ意見は一致するが、問題なのは奴国からの矛盾である。
奴国は今の福岡市であり、福岡市より東南100里に不弥国そして南水行20日で投馬国に到着そして南して水行10日陸行き一月で邪馬台国というとんでもない遠い場所。ただし、邪馬台国と女王国という表現もある(割愛)

これほどの曖昧な表現で邪馬台国は北海道でもこじつけられる運命なのだ。




朝鮮半島から邪馬台国までの総距離
国名 現在 方向 距離
帯方郡〜邪馬台国 延12,000里
帯方郡〜不弥国までの道のり紹介
帯方郡 平壌 残り7000里
朝鮮半島南岸から 1000里
対馬国から 対馬 1000里
一支国から 壱岐 1000里
末廬国から 唐津 東南 500里
伊都国から 伊都 東南 100里
奴国から 福岡 東南 100里
不弥国 宇美 下欄へ
不弥国〜邪馬台国 残り 1,300だが・・
いよいよ最後の難関である、不弥国から邪馬台国への道のり
『魏志』倭人伝 九州説 畿内説 方向 距離 補足
畿内説も九州説も不弥国(宇美)までは変わらない。
不弥国から 宇美 宇美 水行
20日
不弥国から南、水行20で投馬国は、推定が非常に困難。

投馬国から 岡山付近 水行
10日・陸一月

で邪馬台国に到着
水行10、陸一月というのは畿内有利になるだろうが・・・
不弥国の東にも倭人がいて、南が東なら、東は北となり矛盾だよな。
邪馬台国 吉野ヶ里
甘木
八女
奈良 『魏志』では帯方郡より、邪馬台国まで12000里とあり、計算すれば不弥国より邪馬台国までの残りの距離は約1000里程度となり九州から邪馬台国が出る事はない。
 しかし、水行を本当と考えれば宮崎や奈良に行ってしまう可能性は残る。ただ、不弥国から東には倭人という表現があるので南を東に置き換えると東倭人は北となり朝鮮半島に戻ってしまう。
 『魏志』による邪馬台国論争は決着することはあり得ないというのが本当。
inserted by FC2 system