福岡県日田市

関裕二説・梅沢恵美子説


日田は本来、筑後川流域の文化圏にあります。でもなぜ大分県なの?
そんな矛盾を感じた事はありませんか?

おそらく、卑弥呼の時代まで行政的には日田は筑紫であったでしょう。しかし台与の時代に日田は
豊の国に統治されたのでしょう。

仮説ですが、卑弥呼の時代まで九州はまとまった地域だったのですが、台与の時代には
九州の東部と西部では勢力が違った可能性があります。
フル式土器(畿内の土器)が台与の時代には九州の東部で出土されるようになりますので
考古学的には、台与の時代には九州はヤマト化していくようです。


豊臣と徳川が九州を統治するのに日田を直轄地にしたように、台与の時代にヤマトは
日田を拠点として九州を統治した可能性があります。

筑後川流域の邪馬台国はヤマトの進出で滅亡したのではないかという仮説も成り立ちます。

東遷説での日田

筑後川流域が邪馬台国で甘木あたりが勢力の中心であった。しかし卑弥呼は日田盆地に居住し
その後継者「台与」がヤマトへ移動した。





日田は本来福岡県であるのに、邪馬台国時代、ヤマト勢力にあっ大分「台与」
は福岡を統治するためにどうしても日田を大分にする必要がっあった。
そして台与(トヨ)の勢力である大分にトヨという名残で地名がついたのではないか

inserted by FC2 system