井上準之助(いのうえじゅんのすけ)〔1869〜1932〕

銀行家、財政家、大分県の人。東大卒業後、日本銀行に入り1919年総裁、第一次大戦後の不況対策に当たる。1927年金融恐慌の際に総裁再任。第2次山本内閣、浜口および第2次若槻内閣の蔵相を歴任し、関東大震災の善後処理や金解禁を行なった。血盟団事件で暗殺された。

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

リンク

 

inserted by FC2 system